〒541-0045 大阪市中央区道修町2-2-5 イヌイ第二ビル
FAX 06-6222-5687

年間❝約5000時間以上の時間削減”ができています。

1 RPAを導入しようとした理由

A.顧客受注業務や社内連携業務に膨大な時間が掛っており完全自動化は無理でも半自動化や業務のなるものは無いか検討しておりました。

2 ラスティックを選んだ理由

A.展示会で説明を頂き 業務内容をしつかり見て頂ける。大手とは違うアプローチを期待して選びました。そもそも有る為、その会社との連携を期待した物です。

3 RPAの効果について

A.営業業務時間を年間10000時間削減を目標に掲げました。現状はまだ業務の仕分けをしている段階の物もありますが5000時間以上の成果は出ていると考えられます。

4 今後の課題は

A.いかに作業を可視化して 業務の棚卸を行い 対象作業と非対象作業を把握した上で費用対効果が多い物をPRA化していくか基幹システムとの連携及び自社でもある程度のPRAを組めるように進めていければと考えて
います。

株式会社ダイコー
代表取締役社長 甲斐田満博 様

株式会社ラスティックシステム
ページ上部へ戻る